南の島で家をセルフビルド

南の島で家をセルフビルドできるか挑戦しながら犬との暮らしも書いていきます

犬がサメに狙われた!!

よくあることなのですが、犬がサメに狙われたり、ノスリという

タカ科の鳥に狙われたりします。

 

ノスリは普段ネズミやウサギなどの小動物を空から探していて

獲物を見つけると急降下して一気に捕まえます。

 

今だにノスリに捕まえられたこともサメに食べられたことも

ありませんが、よく狙われます。

 

ノスリには山の方を散歩していると狙われることが多いです。

ふと空を見るとうちの犬の上で

旋回しているんです!!

山で散歩する時はリードをつけないので犬1人で遊んでいるから

ずーっとついてきて空から見られてるんです。

 

今はうちの犬は8kgくらいあるのであまり心配してませんが、

子犬の頃はノスリに空からさらわれて海に落とされたら

どうしようとヒヤヒヤでした。

島の人にもよくノスリに気をつけてねと言われてました!!

 

サメは散歩中にうちの犬が

カニを追いかけて海に入り、

カニに夢中になっているとズーっズンって

感じで近寄ってきます。

f:id:minaminoshimanokurashi:20210122114754j:plain

 

このサメはネムリブカとかホワイトチップと言われるサメで

普段は大人しくて下の写真のように集団でいても

近くで泳いでも全然大丈夫です。

f:id:minaminoshimanokurashi:20210122114619j:plain

 

ただ食い気がある夕方とかは怖いので泳ぎません。。。

 

いつも不思議に思うのですがなんでこんな浅いところに

いつもみんなでいるんだろう??

 

 

地盤調査

地盤調査も建築確認申請に必要なので隣の島にある測量など

色々な調査をやってくれる会社にお願いしました。

 

2〜3日間くらいかかったのですがその時は真夏でとてもとても

暑い日が続いていて日陰もないところで

頑張っていただきました。

 

家を建てたい場所は標高70mの緩斜面で西側は海食崖で海面に落ち

こんでいる感じで

地盤の硬軟を把握するためにボーリング調査を行いました。

 

ボーリング調査とは円筒状のものを地面に押し込んでいって

中に入ってきた土を取り出して、

地層の構成や特性を調べたり、家を支える強固な地盤まで

何メートル杭を打つのかなどを調べることです。

f:id:minaminoshimanokurashi:20210114143012j:plain



こんな感じの機械を使って建物の中心となるポイントで

調査してくれました。

 

うちの場合は24〜26メートルくらいの深さまで調査してくれました。

 

ボーリング調査の結果は、幸い地盤が緩いこともなく、

地盤を補強する杭(セメントを入れた土を杭のように地中に入れる

方法で硬い地盤までこのセメント杭を伸ばして建物を支える)

を打つ必要もなくできるとのことでした。

 

杭を打たなければならないとなると、費用も時間もまた新たにかかる

ことになるので大変だな〜と思っていたのですが

一安心しました。

 

同じ島でも地盤の緩い場所があって、

つい最近の長雨で地盤が緩み置いてあったユンボが倒れてしまった

そうです。

 

長雨だけで家が倒れたりしたら、大変ですよね。

ちゃんと調査してもらえてよかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

下水道はどうするの??

水道も下水道も通っていない場所に家を建てるときの

建築確認申請について、

今回は下水道をどう申請するかについてお話しします。

 

私達がお願いしている設計士さんも上下水道が通って

いない家を設計するのは

初めてだったみたいでいろいろ調べてくれました。

 

まず下水道の仕組みですが、普通は生活で出た汚水を道路の下

に埋設されている菅を通ってポンプ場を経由し、

下水処理場で処理した後、

川や海の公共用水域に放流します。

 

このように生活の汚水をきちんと処理できるシステムができないと

いけないわけです。 そのためには家のすぐ近く(庭など)に

穴を掘って浄化槽を埋め込むまなくてはいけない

のです。 こんな感じのものです。

f:id:minaminoshimanokurashi:20210113111556j:plain

小型合併処理浄化槽というもので、接触3床方式で

大きさは高さ1780センチ、幅2500センチくらいで

これが入るくらいの穴を庭となるところに掘って

埋める予定です。

 

そしてこの浄化槽で処理された汚水は地下に浸透させます。

これは家庭用の浄化槽の5人槽で費用は80〜100万円

くらいするそうです。

 

これを設置する費用は地域によってその市町村で出して

くれるところもあるそうで、設計士さんが村の

建設水道課に行って設置費用を村で出してほしい

とお願いしに行ってくれました。

同じ村内で設置費用を村で出してくれている家もあったので

大丈夫だろうと思っていたのですが、

ダメでした。。。

 

理由はというと私達が家を建てたい地域は

村が設置する浄化槽の処理区域外

だったので、村の浄化槽条例でダメだったんです。

これはかなり痛い出費です。。

 

同じ村内でも地域によって差があるんですね。

 

そうなると自費で設置して建築確認申請しなくてはいけない

のですが、浄化槽自体も村で指定された業者さんから

買わないと確認申請は通らないらしく、

そして法定検査をしなくてはいけないみたいで

申込手数料は13500円でした。

 

そしてこの浄化槽は定期的に手入れをしなくてはいけないので

結構大変なのかな〜って思います。。

 

水道も通ってないしな〜

 

年老いたら大丈夫かな〜

 

なんて思ってしまいます(笑)

緊急事態宣言再発令で島の暮らしはどうなっていく??

こんにちは。

本日から緊急事態宣言が東京、千葉、埼玉、神奈川県に再び発令

されましたね。。

冬にインフルエンザが流行るみたいにウイルスが活発になりやすいのも

要因なのでしょうか?!? 

 

私の住む島ではまだ今までにコロナの陽性者は

1人も出ていません。 島の気温が1月は最低気温が17℃くらいで

最高気温は24〜25℃で湿度が高く、亜熱帯気候のためですかね?!

 

それに加え最近では、本土からの来島者には船の乗船前に

PCR検査のキットが

配られるので陽性者は乗船できないようになっています。

PCR検査は強制ではないです)

 

感染者はいまだいないものの、前回の緊急事態宣言からは、

食料品が売っている売店に入る時はマスクをしていないと

入店できません。

2020年はお祭りなどの島の行事も全て中止になりました。

 

しかし、買い物以外の私の行動はほとんど人と会うこと

ないので、犬の散歩したり、ヨガしたり、畑行ったり、

釣りに行ったり🎣して普通の生活ができています。

 

夫も自分の船で1人で漁に出ているので誰にも会いません。

海がいい日が続いて泊まりで4〜5日漁に出てでいると、

あまりに寂しくって

船に潜入していた1匹のネズミに『ミッキー』と名前をつけて

会話をしていたそうです(笑)

 

なので人に会わないのにも関わらず、

不思議なことに1番涼しい1〜2月には冬っぽい格好を

どうしてもたまらなくしたくなって、

日中は暑いのですが、ジーンズ履いてパーカー着てニット帽を

かぶって出かけます。

 

実は島の女子達は多分みんなそうだと思います。

冬の格好をしないとこのまま身なりを気にしない田舎おばさん

になってしまうのではないか心配になってしまうのです。。

 

でもよく島のおじさんにこの冬の格好をしていると

『暑いのに毛糸の帽子なんて被っちゃって頭蒸れ蒸れだろ〜?』

ってからかわれますが、いいんです。

1年のうち2ヶ月間だけ内地の人と同じ格好がしたくなるんです。

 

話しは戻りますが、人口密度の低い地域などは

コロナ禍でも比較的普通の生活ができている

のではないでしょうか??

 

コロナ禍の緊急事態宣言中に限らず、地震や台風で

インフラがしばらく止まって

しまった時にももとから便利な生活ではないせいか、

普通に生活できてしまうんですよね。

 

普段も1週間に1回だけ本土から食料が届くだけなので、

買い物も週一回しか私は行きませんし、

海が荒れたり、台風シーズンの時は物資を運んでくれる船が来ないので

2週間食料が来ないなんて普通なのでみんな備蓄しているんです。

普通の一般家庭にも大きな冷凍庫を持っている家庭が多く、

肉だとか釣ってきた魚やイカたちや畑で取れたフルーツなど

なんでも冷凍しておきます。

 

台風などで道路が瓦礫で封鎖されても自分達でどかします。

 

電気も発電機がありますし、普段から畑の重機用にガソリンもあるし、

飲料水は買ったものを備蓄していて

それ以外の必要な水は、いろんなところの農業用水がありますし、

湧水が流れている場所も知っているので

何か起きても誰もパニックになることもなく生活できてしまうんです。

 

だから最近地方移住する方が増えていて

災害やウイルスがあってもいつも通りの暮らしができる

地方に移住する人たちが多いというのも

地方移住が今人気な理由の一つなのではないでしょうか?

 

 

 

 

 

建築確認申請って何??

自分の土地に家を建てるのになんでいろいろ許可が必要なの??

自分の土地の中だけなら自由じゃないのっておもいませんか?

 

特にうちは周りに人が住んでたりはしないので、

誰にも迷惑かけないのになーって思ってました。

 

実際に許可が取れていないのに建てて住んでいる人たちは

たくさんいるだろうし、

なんの問題もなく暮らしているのはどうしてだろう?

いきなり行政の人たちが来て

建築確認取れてないので今から取り壊してください

とか言われるかなーとも思ってました。

 

私達も3年くらい前に建築確認申請をしないで

これから家を建てる土地に

広めのウッドデッキ作ってしまいました。

 

建て終わって数週間すると、役所の税務担当の方から連絡がきて

建物を見せてくださいと言われて

実際に数日後現場に来られました。

 

なんで建ててる前に申請しなかったの?

とか怒られたりするのかな〜とビクビクしていましたが、

全然そのようなことは言われなくて、

ただ建物を建てたので、課税標準額

を決めるためにきたと言われました。

いわゆる固定資産税の額を決める

と言うことらしいです。

それで建物を見に来たらしく、ただのウッドデッキで壁がない

ので安く済みますよと言ってくれました。

 

私も知らなかったのですが、固定資産税って同じ都道府県内でも

地域によって年間の額が全然違うのですね。。

うちは田舎なのでだいぶ安くすみました。

 

でも家をしっかり建てるとなると建築許可なしで建てるわけにもいかないですよね。

もし許可を取らずに家を建てようとするとどんな問題が出て来るかと言うと、

  • 今後、家と土地の売買ができない
  • 住宅ローンが組めない
  • 保険に入れない
  • 違法になるので設計士さんや大工さんにお願いできない

などがあるそうです。  

ご近所がいる方はトラブルにもなりかねないですよね。

 

私達はセルフビルドで建てるのですが、建築確認申請などの行政手続き、設計図や仕様書の作成などは全くできないので、設計士さんにお願いしています。

 

今現在、建築確認申請中ですが、うちには様々な問題点があり、

それを一つ一つクリアしていたら

あっというまに10ヶ月くらい経ってしまいました。

島はなんでも時間がかかってしまいます。

しかし面倒で難しい手続きなどを全て設計士さんに

やっていただいてるので本当に感謝しています。

 

次回からはうちの様々な問題点をどうクリアしてきたかをお話ししたいと思います。

 

今朝の散歩。。。

 

f:id:minaminoshimanokurashi:20210105113637j:plain


 

 

 

どんな家を建てたいのか?

今日は天気が良く毎朝行くの犬の散歩も気持ち良かったです。

f:id:minaminoshimanokurashi:20210104110539j:plain

元気よくいっぱい走りました! 

 

本題ですが、家を建てたいなーと思ってから、まずどれくらいの大きさの家が建てられるのかなーと思い、メジャーで建てたい場所の寸法を測ってみることにしました。

 

でもそこは大きなガジュマルの木がスレスレに立っていたり、崖の近くだったり、地面が少し坂になっていたりと 私達が測った寸法の家は現実的には建てられるのかな?

と思いました。

 

早速 他の島から設計士さんを呼んで現場を見て頂き、調査して頂きました。

後日連絡を頂き、なんと私達が測ったままの寸法で建てられると言ってくれたのです。

正直、びっくりしましたが嬉しかったです。

もちろん建築確認申請が通ればのお話しですが、、、、

 

それから自分達で希望の間取りを考えたり、建てたいイメージの雑誌の切り抜きをスクラップしたりしてイメージを固めていきました。

 

f:id:minaminoshimanokurashi:20210104114826p:plain

こんな感じの希望が通ればいいなーとまた設計士さんにお願いしてみました。

数日後、きちんとした設計図や仕様書を作成して頂き、

ウオークインクローゼットや、パントリーも付け加えてくれました。

 

あと建築方法も相談しました。

木造建築や鉄筋コンクリート、軽量鉄骨などです。。

これはかなりの時間悩みました。

 

費用も建築方法により変わりますし、セルフビルドでできるのかということと、

うちの問題点が

  • 上下水道がない
  • 宅地でない
  • 今はいないが今後シロアリが来て家を食べられてしまうかもしれない
  • 地盤が柔らかいかもしない
  • 崖崩れしないか
  • 台風の風の影響が強い

など私達だけで考えてもいろいろありましたので、

数ヶ月考えました。

 

次はこの問題点と建築確認申請が被ることがたくさんあるので

そのことについて書いていきたいと思います。

 

なぜ島でセルフビルドにするのか?!

私達は大工さんでもないし、夫は漁師で近くに住む義父は農園を経営して生計を立てているだけなので誰も大工さんはいません。

 

ただ義父がまだ若い10代でこの島に移り住み、当時はまだ道路も水道もなかった(水道は建てるところには今もない。。。。)時代に試行錯誤しながらなんでも自分で作ったりしてたらしく移住してから数件の家を建ててきたので、ノウハウを教えてもらいながら

建てることにしました。  

 

これが一番の理由ですが、その他の理由としては

お金の問題   

  • 離島は建築資材の輸送費がけっこうな額がかかる
  • 職人さんに島まで来ていただいた場合船代や数ヶ月分の民宿代や食事代がかかる(人数分)
  • 基礎工事の砂利やコンクリートは島の業者さんからあるものを買うので内地で買うよりも2〜3倍の値段がしてしまう

時間はある(笑)

  • 漁師 12月くらいから2月くらいまではほぼ毎日 海が荒れているので漁にでれず、3月くらいからも海が悪い日は休み
  • 私は月に数日しか働いていない

重機がほぼある

  • 農園を経営しているのでトラックやユンボなどいろいろある

台風の影響が毎年ある

  • 台風で家が壊れたりダメージを受けるのは毎年のことなので家の構造をちゃんとわからないと修理ができない。。
  • 台風後は修理してくれる業者さんも忙しく順番を待っていたらまたすぐに次の台風が来てしまうので自分達で直したい。

ワクワクする

一生に一度の1番大きな買い物になるし、ただただ自分達で作った家に住めるなんてワクワクするし、たくさんこれから問題が出てくると思うけど楽しそう。

 

 

 

 

こんな理由で作るのですが、セルフビルドだと安く作れるイメージがあるかもしれませんが、

島でセルフビルドと本土で本土の建築会社さんに全て建ててもらうのと同じくらい費用はかかってしまいますね。

 

ちなみに今はすでに作った家と繋がるウッドデッキでブログを書いてます!!

f:id:minaminoshimanokurashi:20210103103310j:plain